ブロードバンドフィルターを使ったLRGBHa合成について

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にissy180により1ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #7925 返信
    issy180
    ゲスト

    いつもブログ等を参考にさせていただいています。

    書籍発売おめでとうございます。これから購入して勉強したいと考えております。

    今回の質問ですが、現在5穴のEFWにL/R/G/B/Haのナローバンドフィルターを格納してLRGB合成を行っています。

    今後OⅢフィルターも使用したいのですが、7穴のEFWは金額的にも物理的にも購入不可のため5穴でHaのフィルターに替えHa/OⅢのデュアルバンドフィルタを利用できないかと考えています。

    画像処理としては、RGB合成画像にPixelMathを使ってHa/OⅢ画像を下記の割合でミックスすればカラーバランスが崩れない画像ができるのではないかと考えました。

    <ミックス割合> Ha+OⅢ

    R: (0.9+0.04)/2=0.47

    G: (0.07+0.47)/2=0.27

    B: (0.03+0.49)/2=0.26

    ※上記の割合は、以前ブログで紹介されておられた「疑似AOOによるナローバンドフィルターの色合わせ!」記事の中のRGB画像からHaとOⅢ画像作成の割合を参考に、逆にHa/OⅢ画像からRGB画像へのミックスが可能ではないかとの考えです。

    このような考えで間違いないでしょうか。

    全然見当はずれであれば、デュアルバンドフィルターを使った良い方法を教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

    #7927 返信
    Masahiko Niwa/丹羽雅彦
    キーマスター

    本を購入くださったのですね!ありがとうございます。

    デュアルバンドフィルタの合成は面白いテーマですね。
    記載された方法は、この数式で得られた画像をRGBに加えるという理解で正しいでしょうか。その方法ですと、良い結果を得られないように考えています。

    ナローバンドの情報をRGBに加えるのは、色情報を増やして解像感を増すのが目的かと思います。私が疑似AOO法で説明した方法は、デュアルバンドフィルターの後ろにカラーカメラをつけていますので、デュアルバンドフィルターで得た画像を、RGBに分解できます。そのRGB別の画像を使って、Ha、OIII画像を疑似的に作り出しました。

    一方で、モノクロカメラのフィルタにデュアルバンドフィルターを使った場合は、フィルターの後ろが直接モノクロカメラのセンサーになるので、RGB別の画像を得られず、モノクロの単一画像になります。そのため、HaとOIIIの分離ができず単色になるわけです。
    RGB別に0.47, 0.27, 0.26をかけると、同じ画像に対してRGB別の比率がかかるので、今回の比率ですと茶色い単色の画像が得られます。それを元のRGBにブレンドするとHa, OIII領域が同様に茶色に加色されるだけになると考えました。

    5穴ですと私ならばHaを使い続けると思います。ナローバンドはバンド幅が狭いため、コントラストが高い画像が得られます。それがRGB画像にブレンドするメリットの一つです。通常ナローバンドフィルターは、バンド幅が3nm〜7nmのと小さいので高いコントラストをもつ画像が得られるので、RGBや Lに合成する意味があると思います。しかしデュアルバンドフィルターは数十nmですので、それならばカラーフィルターのまま使っていても良いかと思いました。

    しかしデュアルバンドフィルターによるブレンドが検証ができている訳ではないので、もしかしたら良い方法があるのかもしれません。

    #7931 返信
    issy180
    ゲスト

    回答ありがとうございます。

    書籍については今後購入予定です。今まではブログの内容をモノクロで印刷して利用させてもらっていましたが、今後はカラーの綺麗な画像で勉強させていただきます。

    回答の件ですが、質問した後考えてみたらモノクロカメラだとHaとOIIIの分離ができずそれをRGB画像にミックスしても無駄ではないかと考えていました。結果的に確認が取れました。

    今はHaフィルターを使ってLRGB合成を極めれるよう頑張ってみます。

    どうも有難うございました。

     

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: ブロードバンドフィルターを使ったLRGBHa合成について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました