Masahiko Niwa/丹羽雅彦

つれづれに

たがやすいえ – 空間に調和する天体写真

私の写真を買ってくださった友人宅を訪問しました。自分の写真がプライベートスペースを飾ることの感銘に加えて、いろいろわかったこともありました!
銀河

真珠を守る2本の腕 – NGC 1398

フサフサとした2本の腕が真珠を抱いているような、とても不思議な美しい棒渦巻銀河NGC 1398です。
星雲

今年の初遠征!クリスマスツリー星団とカタツムリ星雲

天体写真家の正月は、撮影遠征!ということで深城ダムに今年の初遠征に行ってまいりました。撮影したのはクリスマスツリー星雲 (NGC 2264)とカタツムリ星雲 (IC2169)です。
PixInsight

BXTで星が飽和したと思いきや・・・

BXTを使用したところ、輝星が飽和してしたことに気がつきました。しかしそれは私の勘違いで、BXTは適切な処理をしているようでした。
つれづれに

星ナビ2024年2月号に寄稿しました

チリ・リモートに関する記事を星ナビの2024年2月号に掲載しました。チリの観測所に関する情報から、様々なユーザの方々の使い方を紹介しています。楽しい記事になっていると思います。ぜひご覧ください!
銀河

とっても不思議な二重銀河 – NGC 1291

とっても不思議な形をした二重のリング銀河NGC 1291です。地球から3,300万光年離れています。外側のアウターリングはほんのり青く、比較的若い星の集まりであることがわかります。内側は典型的な棒渦巻銀河です。
つれづれに

2024年は攻める! 画像処理初め

正月から画像処理の方針変更です!今年は攻めます!私は天体写真を始めて数年たち、始めた頃に比べると目も肥えて来ました。またPixInsightを中心に画像処理の情報発信もしています。そうするうちに、どうやらリスクを避けて保守的になっていたようなんです。
銀河

やっぱり美しい渦巻銀河NGC 300

私はNGC 300という銀河がとても好きです。もはや愛していると言っても良い。前回撮影したのが昨年のいまごろで、その時に感じたのが「自分史上、一番綺麗!」そんなNGC 300を今年の3月に投入した新鏡筒AGOptical 10"iDKで撮影するのを楽しみにしていたのです。
つれづれに

2023年の振り返りと来年の抱負

2023年が暮れようとしています。今年一年もいろいろな方とお付き合いし、天文活動をつづけることができました。今年は、写真撮影よりも、天体写真にまつわる諸々のことに時間を使った一年でした。
PixInsight

BXTはPSFを設定したら、良い結果になりました

BXTでNGC 300を処理した時、粒々が鋭くなりすぎて不自然になってしまいました。PSFを設定することで緩和することができています。