CurvesTransformについて

  • このトピックには5件の返信、1人の参加者があり、最後ににより2週、 6日前に更新されました。
6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #7914 返信
    neko-CAT
    ゲスト

    丹羽様

    書籍発売おめでとうございます。私も購入させて頂きました。

    CurvesTransformについて伺いたいのですが、HTのように変更後のヒストグラムをあらかじめ表示させる事はできないのでしょうか?

    便利なプロセスですが、変更を適用するまでヒストグラムがどう変化するのかがわからない為、その点に不便を感じております。

    よろしくお願いします。

    #7916 返信
    Masahiko Niwa/丹羽雅彦
    キーマスター

    neko-CATさん

    書籍を購入くださったとのこと。ありがとうございます。嬉しいです。
    応用編も頑張ります。

    ご質問の件、確かにあると便利なのですが方法は私も見つからずにいます。できない可能性が高いです。
    代替策としてあるのは、Histogram TransformationもCurves Transformationと一緒に表示しておきTrack Viewの状態にします。Track Viewとは画面の追従モードで✔️マークを押しておきます。
    この状態でCurves Transformationを実行するとHistogram Transformationに反映されますので、気に入れば使う、気に入らなかったらUndoをして元に戻す、というのでヒストグラムの変化は確認は可能です。
    データに直接画像処理をするのに抵抗がある場合は、PreviewやCroneを作ってそちらで実験する方法も考えられます。

    ダイレクトな回答ではなくて、恐縮ですがお試しください。

    #7921 返信
    neko-CAT
    ゲスト

    丹羽様

    ご返信とご連絡ありがとうございます。

    やはり直接的な方法としては今の所無いんですね。

    C Tの、RGBだけでなくLABや彩度を一元的に変更できる点はとても強力で便利なだけに残念です。

    当面は代替方法で使用しつつ、今後のアップデートで是非CTにも実装される事を期待したいです。

    アドバイスありがとうございました。

    #7922 返信
    Masahiko Niwa/丹羽雅彦
    キーマスター

    そうですね。機能強化を期待したいです。ところでLABの使い方に興味があります。私はほとんど活用できていませんでした。どんな時にお使いでしょうか。

     

    #7923 返信
    neko-CAT
    ゲスト

    私も活用できてるという程には使えてませんが笑、例えばストレッチの初期の方の段階で、減衰していて不足しやすい青をbチャンネルを使ってコントラストを絞り出したりするのに使っています。

    Photoshopだとレイヤーを統合して描画モードを切り替えないとLABモードにできないので、この辺りはpixinsightの方が柔軟性が高くて便利ですね。

    #7924 返信
    Masahiko Niwa/丹羽雅彦
    キーマスター

    なるほど。Bチャネルの青側を調整するのですね。私は青を増やすのはColor Satulationを使っています。でもCTでLABのBをコントロールする方が自然になるかもしれませんね。試してみます。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
返信先: CurvesTransformについて
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました