WBPP処理で表示されるImage Plate Solver Scriptについて

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後ににより10ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #17286 返信
    清水儀雄
    ゲスト

    WBPP処理中にImage Plate Solver Scriptが表示されますが、処理の仕方が分かりません。よろしくお願いします。この表示が出るのは望遠鏡がVC200Lを使っているときだけ?です。よろしくお願いします。

    #17287 返信
    清水儀雄
    ゲスト

    これが出るのは、VC200Lの時だけではありませんでした。

     

     

    #17288 返信
    Masahiko Niwa/丹羽雅彦
    キーマスター

    清水さん、
    こんにちは。

    設定の方法は、まずWBPPのLightsタブでAstrometric SolutionのImage Solver parameters…をクリックします。

    すると下記のウィンドウが出てきます。

    ここで、Searchボタンをおして、たとえばM31と入れるなど撮影対象天体を指定してOKボタンを押すとRight AscentionとDeclinationに座標が入ります。次に望遠鏡の焦点距離とカメラのピクセルサイズを指定してxボタンでクローズします。

    これでImage Plate Solverが動きます。

    しかし私は、いつもAstrometric Solutionをオフにしています。

    この機能は撮影した座標を画像に書き込む機能です。WBPPが終わった後に、SPCCなどのときに必要になるのでWBPPのタイミングで実行しておくと便利なためです。しかしエラーになりやすいですし、現在のWBPPではこの情報は使っていません。単に後からの利便性のためだけに実行しています。(「現在の」と書いたのは今後のWBPPの改善ではこの情報を使うことが示唆されています)

    WBPPでAstrometric Solutionを実行しなかった場合は、自分でScript – Image Analysis – Image Solverを実行させます。こちらの方が動作をその場で確認できるのでWBPPで行うより便利に思います。

    わからないことがあれば、ご連絡ください!

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: WBPP処理で表示されるImage Plate Solver Scriptについて
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました