さらばメルヘン 〜 明るさと色の不思議な関係

M83がメルヘン調になる問題に苦しんでいました。

奥さんや娘に嬉しそうに「これ見て!」とM83を見せたところ「まるっこくて可愛い〜」との反応。わたしゃ、可愛いと言われたくて精進してきたわけではないのですよ・・と本格派を目指すもアイドルの枠に入れられてしまう中森明菜・・ちがうな・・浜崎あゆみ・・も違う、プリンセスプリンセス・・どれも古いな・・という悩みをかかえていたのです。

可愛いM83
可愛いM83

まあ、これも良いかとアイドル路線で生きていく決心をした私。そんな中、銀河撮影の名手kさんのブログ記事を拝見しました。

2つのヒマワリ - もりのせいかつ
M63の画像処理で苦戦中です。一番悩んでいるのは色調。4/29記事のテストLRGB画像の色を再現したいのですが、外周のガスまで描出したLに載せると白黒に近くなり、そこから彩度UPしても、元のカラー...
2つのヒマワリ 補足 - もりのせいかつ
前記事で「悩んでいるのは色調」と書きましたが、これはL画像の問題であるという補足をもう少し。 同じRGBを使っても、L画像の階調によって色の印象は変わってしまいます。 右端以外の3列はノンリニ...

銀河がパステル調になるのはL画像の階調によるものと論じています。

まじ? 

私は必死に色相と彩度をあれこれこねくり回していましたが、明度はほったらかし。早速、実験してみました。ホントはデザインツールでやりたいところですが、会社員の悲しさでパワーポイントでやりました。一番楽だから・・・。銀河にありそうな色を作ってみました。

明度とメルヘンの関係
明度とメルヘンの関係

おお、確かに明度が高いほどメルヘンチックに、低いほどハードボイルドになります。元画像に対してCurvesTransformationを使ってLを少し落としてみました。

Lを少し落とす
Lを少し落とす

結果は・・・

輝度を落とした結果
明度を落とした結果

ハードボイルドまではいっていなくても、ぶりっ子路線であった松田聖子が「赤いスイートピー」で路線を少し変えたくらいには落ち着きました。

このあといろいろ試し最終的にこんな感じです。

修正後のM83

色相と彩度だけではなくて、明るさも色合いに大きく影響を与えていたなんて!

よくよく考えたら色は不思議です。同じ波でも音の場合は、高い音と低い音を同時に聞くと両方の音が聞こえます。中くらいの音に混じることはありません。でも色の場合は人間は一つの場所に一種類しかわからなくて、混じって新しい色が出てくる。和音はあるけど和色はない。そのためちょっとしたパラメータの変化が見た目に大きく影響を与えるようです。

色は面白いなあ。

タイトルとURLをコピーしました