PixInsight

画像の品質チェックの効率化 〜 PixInsightのSubframeSelector

ポータブル赤道儀を使っている私は露光は短時間。しかし張り切って数時間露光するため、画像ファイルは200枚程度になります。これまで画像ファイルの選別はBlinkで眺めていましたが、見過ごしがあるのではないかと不安があり、ずっと使いたいと思っていたSubframeSelectorを試してみました。これがなかなか良い!
PixInsight

ちょっとした小傷をリペアする 〜 PixInsightの画像処理

HDRMTやMasked Stretchをしたとき、銀河や輝星の中心に穴が空いてしまうことがあります。全体としてはよく効いていて採用したいけれど、小穴は許せない。思いついたのが、HDRMT処理をする前の画像の穴の空いていない部分を、処理後の穴の空いた部分に流し込むことです。
つれづれに

YouTube版「いつでも使う全体処理フロー」を公開しました!

「たのしい天体観測」では、これまでたくさんのPixInsightの記事を掲載してきました。その中でも、一番アクセス数があるのは、最初に書いた「PixInsightの超基本!いつでも使う全体処理フロー」です。今回、ついに映画化・・じゃなかった動画化しました。
PixInsight

DBE parameter settings – PixInsight

I can't say this out loud, but I'm not good at DBE and ABE. DBE/ABE is the foundation of PixInsight. In baseball, it's catching the ball. I used to write commentary articles as a baseball player who was not good at catching the ball. But that was me until yesterday, when I became a better DBE (maybe...).
PixInsight

Basic workflow of PixInsight!

PixInsight is, in a word, Doraemon's four-dimensional pocket. There are a lot of tools, and their uses are quite similar. However, even for the same movement, the concepts are slightly different, such as "Anywhere Door" for going directly, and "Takecopter" for looking for people, and people have their own preferences on which functions to choose. Therefore, each person will have his or her own processing procedure.
PixInsight

PixInsightの超基本!いつでも使う全体処理フロー

PixInsightはドラえもんの四次元ポケット。道具が多く用途がかぶってます。しかし同じ移動するにも直接行くならどこでもドア、人を探すならタケコプターというように、コンセプトが違っているし、どの機能をチョイスするかはその人の嗜好もあります。
星雲

紅葉に鮮やか花二輪 〜 干潟星雲と三裂星雲

M8干潟星雲(左側)とM20三裂星雲(右側)です。針葉樹の枯れ落葉の上にお花が咲いているイメージで仕上げてみました。M8とM20を二つそれぞれ撮影して合成して一枚に仕上げています(モザイクといいます)。赤青の三裂星雲の右上にM21というきらびやかな散開星団もいますね。このあたりは賑やかです。
PixInsight

禁断のGAMEスクリプト 〜 PixInsightで自由な形状のマスクを作るツール

Interactive Galaxy Mask Editor(通称GAME)を使うと楕円や複雑な形のマスクを作ることができます。強力でかつ、ちと劇薬というか、使い方を間違えるとえらいことになりそうなツールです。どれくらい自由に作れるかというと・・・
PixInsight

天文ガイド最優秀作品 受賞記念 〜 ケンタウルスAのPixInsight 全画像処理工程を公開!!

天文ガイド2021年9月号で最優秀作品賞をいただきました。最初に買った天文ガイドは小学校の4年生のとき。数十年を経て受賞できたことに感慨もひとしおです。嬉しかったのはジェットの画像処理を評価してもらったことです。今回のケンタウルスAは、画像処理にいろいろ工夫しました。
つれづれに

天リフイベントで南天のお話をしました。<アーカイブあります>

天リフの夏祭り「星と宇宙の夏ライブ2021」でお話をしました。今回は天文初心者向けにお話をするコンセプトで、南天の面白さをお伝えしようと試みました。自分ではうまくいったかなって思っています。普段はブログで活動している私。「動画も悪く無いなぁ」と映像表現に興味を持ちました。
タイトルとURLをコピーしました