つれづれに

つれづれに

天体写真の展覧会を開催します。

2023年7月28日(金)〜8月13日(月)に、私、丹羽雅彦は東京・南青山のギャラリー DA VINCI PROJECTにおいて、写真展「時空を超えた贈りもの ー宇宙は不思議で美しいー」を開催します。お時間が許せば、ぜひいらしてください。
銀河

ケンタウルスA 〜 天体写真は30年後も鑑賞可能なアート作品になるか?

天体写真をはじめてずっと私の頭から離れないのが「天体写真がアート作品として成立するか」というテーマです。天体写真はサイエンスの方向性と、アートの方向性の2面があることは多くの方が言及しています。Science x Artとして捉えても観賞用に処理を加える結果、アート性が強くなるのでしょう。
つれづれに

天文ガイド2023年7月号にチリ・リモートの記事を執筆しました

天文ガイド2023年7月号(6月5日発売)に、チリ・リモートの魅力や概要をお伝えする記事を執筆しました。ユーザの一人である須永さんと一緒に書きました。6ページの特集記事です。
つれづれに

YouTube番組 「たのしい星空解説」はじめます!

私は、いろんなところで人と会うたびに自分の天体写真を見せる癖があります。言ってみれば迷惑行為なわけですが、いろいろな質問を受けることも少なくありません。宇宙の楽しさ、美しさ、不思議さを一人でも多くのひとに伝えたい・・・というわけで「たのしい星空解説」シリーズをはじめます!
つれづれに

CANP2023に参加して、みんなで天文トークを心ゆくまで楽しもう! 〜 プログラムが決まりました

天文ファンにはお馴染み、CANP2023が6月に開催します!場所は仙台市のお隣、宮城県名取市。今回は星沼会が総力上げてサポートしています。
つれづれに

ジャケ買いで新機器投入!

一昨年くらいから、じわじわと新しい機材を検討はじめていました。拡張として狙っていたのは、焦点距離が1000mm台の鏡筒と2軸駆動の赤道儀です。そしてじゃーん。検討開始から2年。ついに買いましたー。
つれづれに

チリに行ってきました

3年半ぶりにチリに行ってきました。現地に9日間。そのほとんどをチリの友人のエドアルドの家で、エドアルドともう一人の友人カルロスと3人で過ごしました。エドアルドの家はアンデス山中にあります。チリの首都サンティアゴから車で6時間。カルロスの車で途中休憩しながら8時間かけて到着しました。
つれづれに

宇宙のスケールを伝える良い方法

私はプライベートでも仕事でも、だれかれ構わず自分の天体写真を見せる癖があります。それは「宇宙の広さをより多くの方々に知っていただき、天体界の発展に貢献したいから」・・・では決してなくて「自慢」です。「これ見てみて」「良いでしょー」というやつです。
つれづれに

写真家の山野泰照さんの写真展にいってきました!

ニコンプラザ東京で開催されている山野泰照さんの写真展に行ってきました(THE GALLERY 企画展 山野 泰照虚空の如くなる心 宇宙の絶景を求めて)。行ってよかったです。マジで。感銘を受け、とても学ぶところが多い1日でした。
星空の写真

新しい価値の時代? 2022年11月8日 皆既月食・天王星食

今回の皆既月食・天王星食は「価値観がガラリと変わり、これまで好きでやってきたことが価値になる」という意味があるのだそうです。新しい時代を予感しつつ、山梨県全国育樹祭広場に星沼会の友人らと皆既月食・天王星食を見にいきました。